電話番号 06-6912-1024

〒538-0034 大阪府大阪市鶴見区徳庵1-1-64

JR徳庵駅より徒歩10分
専用駐車場完備

医療法人 川上医院 内科,胃腸科,消化器科,呼吸器外来 内科、消化器科、胃カメラ

よくあるご質問はこちら
医療法人川上医院のブログ
ドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイル
Mobile

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態・・・内臓脂肪の蓄積によって、高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が二重三重と起こっていることを表します。
この状態が持続すると心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまいます。
そのために、メタボリックシンドロームと言われた方は早めの対策をせねばなりません。

メタボリックシンドロームの診断基準は、腹囲が男性で85cm、女性で90cmをオーバーし、加えて、【血清脂質異常】【血圧異常】【血糖異常】の項目のうち、2つ以上が当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

メタボリックシンドロームと診断された場合、普段どんな生活に気をつけないといけないでしょうか?内臓脂肪の燃焼かつ体の代謝を上げる為に運動をする事と食事の見直しをしましょう。

メタボリックシンドロームに効果的な運動

単に運動と言ってもどんな運動が良いのでしょうか?それは聞いたこともある方もおられると思いますが、メタボリックシンドロームにとって有酸素運動が有効です。具体的にはウォーキング・ジョギング・水泳・サイクリングなど長時間行えるような運動です。

有酸素運動は軽く汗ばむ程度で20分以上続けると体脂肪が燃焼されると言われています。

最近では有酸素運動は長時間連続してやらないと意味がないわけではなく、10分間の運動を1日数回に分けて行っても同等の効果が得られると言われております。

例えば近場の買い物に行く時自転車をやめて歩いたり、エレベーターを使わず階段を利用したり、早歩きするようにしたりする事を意識するように心がけましょう。

食生活の見直しを

よく患者様から「とりあえずサラダ食べたら良いん?」とか「テレビで糖質ダイエットやってたからそれでいいよね?」とか色々と質問を受けます。
しかし一番大事なのは何を食べたら良いのでは無くて食生活自体を見直す事が大事と考えております。

我が国は戦後欧米の食べ物が蔓延し明らかに最近の方が太っている人が増えたのは明白だと思います。

今こそ我々日本人に大切な食事は昔ながらの日本食・・・白米をベースとし煮炊き物や野菜たくさんのお味噌汁と言った粗食です。当院の患者様で食生活を改善したことによりコレステロール値が下がった方は何人もいらっしゃいます。

どうしても食事や運動で改善しなければ薬で治療することも考えねばなりません。

食事や運動で詳しく聞きたい方は私がアドバイスいたします。ご希望の方にはわかりやすい本も貸し出しております為お気軽にご相談ください。

PAGE TOP