電話番号 06-6912-1024

〒538-0034 大阪府大阪市鶴見区徳庵1-1-64

JR徳庵駅より徒歩10分
専用駐車場完備

医療法人 川上医院 内科,胃腸科,消化器科,呼吸器外来 内科、消化器科、胃カメラ

よくあるご質問はこちら
医療法人川上医院のブログ
ドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイル
Mobile

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
医学的には、10秒以上の気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸とし、無呼吸が一晩に30回以上、または1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と診断します。
寝ている間の無呼吸になかなか気付くことができないために、検査や治療を受けていない多くの患者がいると考えられます。

睡眠時無呼吸症候群の症状としては、寝ている時にいびき・無呼吸・寝汗をかいたりするのが代表的な症状です。また、起床時に疲労感・頭重感が起こる場合があります。また日中の眠気などが出てきます。
睡眠時無呼吸が続くと、無呼吸によるストレスのために交感神経緊張状態が長く続き、高血圧や心疾患など重大な病気を合併する危険性が高まります。また、眠気による事故が増える恐れがあります。

当院では、睡眠時無呼吸症候群の睡眠ポリグラフ検査を行なっております。
患者さんの自宅で寝ている時のいびきの状態、呼吸運動、動脈血の酸素飽和度などを記録解析するものです。入院せずに出来ますので一度ご相談ください。もちろん保険で検査出来ます。(場合により、病院で入院し精査を行わなければならない方もおられます。)

 

PAGE TOP