電話番号 06-6912-1024

〒538-0034 大阪府大阪市鶴見区徳庵1-1-64

JR徳庵駅より徒歩10分
専用駐車場完備

医療法人 川上医院 内科,胃腸科,消化器科,呼吸器外来 内科、消化器科、胃カメラ

よくあるご質問はこちら
医療法人川上医院のブログ
ドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイル
Mobile

便秘

便秘について

「毎日便が出なければならない」と考えて来院される患者様もいますが、人間の排便間隔は体質や環境などによりまちまちである為、必ずしも毎日出なくても構いません。
便秘の定義は簡単に言うと「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」 となっています。一般的には、排便が3日以上無い、便が出にくい、残便感がある、口から便臭がするなどの症状が考えられます。

問題のある便秘と問題のない便秘

便秘には、問題のある便秘と問題のない便秘があり、問題のあるものは大腸で便の通りが悪くなる『大腸癌』『腸の癒着』をはじめとした器質的な原因による便秘です。 器質的な原因による便秘では、それに合った治療をまずしなければ、便秘は治りません。また他の原因として薬剤の内服の副作用による薬剤性便秘もあります。器質的な原因が無い便秘は、特発性便秘とよばれます。慢性便秘とも呼ばれ、症状・原因により次の3つに分類されます。

①弛緩性便秘

食事量・食物繊維の摂取不足、運動不足、加齢、経産婦、臥床者に良く見られる•••••排便に必要な括約筋・腹筋の低下などが原因となります。これらにより、腸管への機械的刺激が不足し、腸蠕動の低下をきたします。その結果腸の内容物が大腸に貯留し必要以上に水分が吸収され、少量の硬い便が形成されます。

②痙攣性便秘

精神的ストレスや過敏性腸炎症候群に代表される便秘で自律神経失調により大腸が過度に痙攣性の収縮をするために、腸管内膜が挟まり大腸内容物の輸送に時間がかかります。その為便は硬く少量です。

③直腸便秘

多忙、環境の変化、疼痛、不規則な生活などにより便意が繰り返し抑制されたり、下剤や浣腸の乱用をしたりすることによって起こります。直腸内に便がたまっても便意を生じなくなる結果、便が大腸に貯留する時間が長くなり、水分が吸収されて硬い便となります。

また、大腸が長すぎる等によって、腸内に便の通りが著しく悪い場所が存在する場合、直腸内は空になっていても便秘になりやすいです。


以上により、便秘と言っても色々種類がある為に、単に下剤を処方して終わりと言う訳にはいけません。また、下剤も体質により効き目が違う為、内服薬も人に応じて色々考えなければいけません。安易に下剤を内服した為腹痛を生じたり下痢が止まらなくなったりする場合も有ります。

火曜•水曜日の午後か木曜日の午前の診察時間に便秘相談も行っておりますので、悩まれている方は一度ご相談ください。

PAGE TOP